組合紹介

小松織物産地の現状

長年培ってきた紋織技術を土台にして開発した小松綸子縮緬は小松産地ならではの独創品となったが、時代の推移と需要の変化により、本絹和装織物だけではなく、化合繊和装織物分野へも生産の幅を広げるとともに、合繊紋洋装分野への品種転換が近年大きく進展した。
最近では衣料に加え、カーテンなどのインテリア分やへも用途拡大を図り、合繊後染紋織物では全国有数の産地を形成している。
  平成30年 3月状況   平成28年織物生産高調  平成29年織物生産高調  平成27年織物生産高調
項目 台数
総台数 940 台
稼働台数 694台
休機台数  246台
組合員数  55名
休業者数  1名
注)
(1) チェニー、精華パレス、ジョーゼット、シルク綿 (2) 楊柳、傘地、GC、交織服裏地 (3) しごき、帯揚 
(4) チェニー、その他 (5) 駒綸子、紋意匠 (6) 紋綸子、平綸子

平成30年 3月生産高

区分 品名 単位 当月分生産高 本年累計生産高 摘要
絹織物 フラットクレープ 20 60  
紋クレープ 80 220  
サテンクレープ 20 65  
シホン 5 15  
羽二重 0 0  
ネクタイ地 5 15  
その他 75 230 (1)
絹織物計 205 605  
ポリエステル 紋パレス 25 80  
紋サテン 40 120  
紋ちりめん 25 75  
紋フクレ 10 35  
紋風通 5 15  
紋カット 15 45  
紋インテリア 5,300 16,050  
紋先染インテリア 20 60  
紋その他 1,400 4,300 (2)
ポリエステル紋織計 6,840 20,780  
その他 レーヨン紋織物 0 0  
アセ紋織物 340 1,030  
その他紋織物 320 970  
エステルドビー織物 3,050 8,425  
絹織物計 3,710 10,425  
ポリエステル 平地タフタ 3,950 11,515  
平地その他 300 920  
ポリエステル平地織物計 4,250 12,435  
広幅織物合計 15,005 44,245  
絹織物 紋綸子 0 0  
方駒綸子 1,900 5,700  
紋楊柳 20 65  
小物 30 90 (3)
その他 35 105 (4)
絹和装織物計 1,985 5,960  
エステル 紋表地 45 140 (5)
紋襦袢地 540 1,625 (6)
ポリエステル織物計 585 1,765